オリバーガル最新情報

オリバーガルのお買い求めはこちら

media

センスいいねって言われたい!オシャレな部屋を作るコツとは

「オシャレな部屋に住みたい!」・「センスがいいって言われたい!」
でも自分にはセンスなんてないから、やり方がわからないからと諦めているあなた!

ちょっとしたコツで、部屋をオシャレに見せることが出来ますよ!
今回は簡単に、部屋をオシャレにするコツをご紹介します。取り入れられるものは、どんどん取り入れてみてください。誰が来ても自慢できる素敵な部屋を作りましょう。

1.色を味方に

色を変えるだけで、部屋の印象はガラッと変わります。
意識してほしい色は、以下の3つです。

・ベースカラー
ベースカラーとは床や壁、天井といった、部屋の約70%を占める広い部分に使われる色のことになります。白や明るいベージュが、合わしやすい色なのでオススメです。淡い色で統一すると、開放的で明るく演出できます。暗めの色にすると、落ち着いた雰囲気を演出できます。

・メインカラー
カーテンやソファ、ラグといった部屋の約20%~25%を占める大きな家具に使われる色のことです。部屋のイメージに合う色、その中で好きな色を選びましょう。色はたくさん使わずに1~3色でまとめると、ごちゃごちゃせず、センス良く見えます。

・アクセントカラー
ランプやクッション、絵画といった部屋の約5%~10%を占める小物類に使われる色のことです。調和をテーマに色を選びましょう。アクセントカラーを似た色でまとめると、統一感がでます。「暖色系」+「寒色系」といった、反対の色を使うと個性的になります。クッションなど手軽に買えるものが多いので、いろいろ色の組み合わせに挑戦することもオススメです。

 

2.照明は「間接照明」or「スポットライト」

照明は部屋の雰囲気に大きく影響します。部屋をオシャレに見せるオススメの照明は、間接照明とスポットライトです。

間接照明は光源が見えません。そのため、やわらかな光を演出することができます。また、壁や天井を直接照らす反射で部屋を明るくするため暗くなる部分がありますが、この明暗がムードを作り出し、奥行きを生み出して部屋を広く感じさせてくれます。

スポットライトも同様に部屋の中で明暗差を作ります。部屋にメリハリがでて、オシャレに見せる効果があります。また、明るく照らされている部分に視線が行くので、絵画や観葉植物を照らすと小物を引き立たせることができます。

 

3.小物でセンスの良さを表現する


小物はアクセントとして、部屋のイメージを左右します。作りたい部屋のイメージ・コンセプトに合うようにまずは定番アイテムのクッションや絵画、観葉植物を選びましょう。
クッションは色や個数を変えると、華やかな雰囲気や落ち着いた雰囲気を作れます。観葉植物は置くだけで、自然の癒し空間が生まれて部屋が明るくなります。

 

4.生活感を出さない


ティッシュやゴミ箱、使っていないスリッパがそのまま見えていると雑多な印象を与えます。オシャレな空間を作るために、徹底的に生活感を出さないようにしましょう。
ティッシュは専用の箱にいれる、ゴミ箱は部屋の角など見えづらい場所に置く、使っていないものは片つける。普段から意識的に行動すれば、素敵な部屋を保てます。
また、生活感を隠すためには収納が効果的です。収納方法は、どんどん画期的なアイデアや商品が生まれています。生活感を隠すための、上手な収納方法を取り入れてみてください。

5.まとめ

オシャレな部屋を作り出すための手法は多くあります。
色・照明・小物や色選びやちょっとした工夫を楽しみながら、できるところから部屋をオシャレに変えていきましょう。

PICK UP

TAILPRED TO SITUATIONS

  • アイラッシュ、ホテル併設サロン

    ホテルに併設しているサロンは、サロンだけではなくホテルそのもののイメージも作り上げます。 ホテルに宿泊する方や、サロンを目的にご利用…

  • レセプション

    トレンドのヘアスタイルだけではなく、ユニークなオリジナリティをサロンインテリアで表現するアイテムとしてオリバーガルのアートをおすすめ…

  • 受付

    レセプションはクリニックに入って最初に見る景色。そのためクリニックに快適さや清潔さ、落ち着いた雰囲気等を印象づけるのに重要な空間とな…

  • クラブ・ラウンジ

    クラブやラウンジに必要なものは雰囲気。お客様に居心地のいい空間や雰囲気を味わっていただいて、いつまでも居たくなるような場を提供するこ…

PAGE TOP